『良菜健慕』の価値観

 

「良菜健慕(りょうさいけんぼ)」


 小野商店の理念

 

 良い菜(やさい)を食べ、健康な生活を慕う―

 

『良菜健慕』は「良妻賢母」の当て字ですが、2010年4月に誕生した代表の息子と、その初産で体力を失った妻のために、おいしいやさいを食べてもらいたいと考えたことがスタートの、小野商店のすべての活動を表現する考え方です。

 

 

生命の源である「母」の健康はとても大切なことであり、すべてのすべてで、それが始まりだからです。

 

 

そして、代表の父が病気で1週間入院をしたことや、妻以外の方たちにもおいしいやさいを食べて健康について考えたり、家族や職場で語り合うきっかけになってほしい、みんなで健康に感謝し、憧れて、求めていきましょう!という考え方を「理念」と言うと大げさですが、小野商店の求める理想として、初めに掲げておきたいと思い、しっかりと心に刻める短い言葉で表現する事にしたのです。