2011.3.11 東日本大震災を受けて

2011.3.11 14:46に東北地方、関東地方の太平洋沿岸地域を中心に、かつてない規模の大地震が発生致しました。

 

青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県などの沿岸地域では、想像を超える大きな津波が市街地や住宅街を襲い、2万人を越える死者・行方不明者を出すという甚大な被害の爪あとを残しました。

 

当農園の所在する秋田県大館市でも大きな揺れを感じたものの、震度4~5で、建物の倒壊や地割れといった巨大地震の被害は及びませんでした。

 

むしろ、その後の物資不足や2日間続いた停電や、断水といったライフライン・インフラの麻痺から関東から東北の広域に及ぶ被害の大きさを実感させられました。

 

3月末日に、実際に宮城県仙台市の被災地を訪れ、わずかばかりの物資を3箇所の避難所・施設にお届けし、実際に現地を目にしましたが、2週間の間に、街中の人々が一生懸命に倒壊したものを直し、特に建物の中では、震災前と変わらない状態にまで戻っている場所がある一方で、沿岸部で、おそらく元々田畑であったであろうという場所に積み重なった流木や瓦礫に、思わず声を失うほどでした。

 

 

農園として、農家としてできるはずの取組みや援助はほとんどございませんでした。

そのことが一番悔しかったですが、今後も出来うる支援を果たし、同じ東北人として最大限の努力を惜しまないつもりです。

 

 

避難所生活を余儀なくされておられる被災者の皆さまの気持ちが休まらぬうちに、今度は原子力発電所の事故が、日を追うごとにその被害の大きさが報道されるにつけ、同時にいわれのない多くの風評被害も東北の事業者・農家・漁業関係者の方々に容赦なく降りかかりました。

 

当農園の方針としては、農薬・化成(化学)肥料、除草剤、ホルモン剤の不使用をお客様にお約束しております。同様に、放射性物質の被害に関してもお客様のニーズにお応えするのが義務と考えております。

高額な測定装置を農家1軒で用意できるものではございませんが、ある企業様のお計らいでお借りできる事になりました。

 

 

しかし、代表者個人の見解としましては、徒に農薬や化成肥料といった化学物質や、環境ホルモン、放射性物質などを神経質に拒絶だけするという態度は推進いたしません。

 

「できるだけ安全なものを作りたい」その意気込みひとつで、農薬などに手を出さずに取り組んでおりますが、止むに止まれず農薬をお使いになられる農家の方々の気苦労も、十分なほど痛感しておりますし、農業技術的に学ぶ事が多いのは否定できない事実であり、頭から慣行農法を否定するものでもありません。

 

いち農家であっても、社会構成員であることを忘れずにいるべきだという考えは、就農以前より変わっておりません。

社会情勢や、国際食糧事情にも目を向ける必要があると常々感じております。

 

今も尚、放射線を浴びながら、必死に牛や作物を育てる農家の方々について思えば、涙が出そうになります。

平和を考え、環境配慮を第一にすれば、原子力発電所は無い方が望ましいのかも知れません。

代替エネルギーを早急に開発する必要はあると思いますが、「今ある原子力発電所をより安全で確かなものへと改善してゆく」という議論も“0”にすべきではないのではないでしょうか。

 

福島第一・第二発電所の事故の犠牲は、決して必要でなかった事は言うまでもありませんが、起きてしまった犠牲を今後に生かしていく事は必要だと思うからです。

 

 

日本人は、一般的に、安定・平穏を求める気質だと、海外から高い評価を受けることが多いと思います。今回の震災でも、とりわけそのことが大きく海外メディアで報道されたようです。

 

しかし、反面、例えば、学校や公園で「遊具により子供達が怪我をした」というような事があると直ちにその遊具に使用禁止の張り紙がつき、さらに数日後には撤去、そして更に全国へと波及する、というような話しは少ない事例ではありません。

 

遊具と原子力発電所を混同しては当然なりませんが、何か起きるたびに過剰なアレルギー反応とともに一切合財拒絶するという姿勢は見直すべきです。

 

放射線の計測結果が基準値以下である、被災県産の野菜や果物などの農作物が、原価すれすれで販売、あるいは大幅な原価割れ価格で取引され、それでも売れないというニュース映像を見るとやり場のない慨嘆さえ覚えてしまいます。

 

なぜなら、その生産者の方々はそれ以上の放射線を浴びながらも、その土地の作物を毎日食べて、生活をし続けているからです。

 

放射線の被害を拡散してはなりませんし、その痛みを関係ない土地に住んでおられる消費者が一緒に背負う必要はありません。

 

しかし、基準値以下であることや、不確定要素が多い事実に対して、過剰に拒否反応を示す心理は行き過ぎれば、他県に避難した小学生を「汚染物質」といって避ける小学生の心理と同通するものとも言えそうです。

 

 

当農園では、お約束通り、農薬・化成(化学)肥料、除草剤、ホルモン剤など一切不使用で営農しており、それだけを出品しておりますが、過剰な健康志向や潔癖主義にはアンチテーゼを示し、一線を画す農家です。

 

お客様のニーズや思考は自由で、それは何者であっても侵害できない尊いものです。

だからこそ、当農園の方針をご理解頂き、毎日の生命の糧、家族の会食の彩りの一つとして、楽しんでお召し上がり頂きたい、そして震災を契機に、多くの方々が改めて考える事となったといわれる食の安全について一緒に考えて頂きたく、ここに述べさせて頂きました。

 

 

今年度も、春の作物の苗の不足などが生じましたが、今後も同様の農業資源の不足は起こりうると考えられます。

できるかぎりの協力を果たせるよう、日々の農作業に一層励む所存でございます。

 

 

 

2011年8月

小野商店 代表 小野 潤